1. TOP
  2. イベント・リトリート
  3. おうちヨガリトリート シーズン4参加者募集開始

おうちヨガリトリート シーズン4参加者募集開始

おうちヨガリトリートとは

健康に生きることは、生まれた万人の願いです。

健康の定義には様々あると思うのですが、心と身体が元気でいることがわかりやすいバロメータであると思います。

外側に起こる様々な出来事に、心と身体で反応し、防御し、順応し、抑止して生きていく力を養いながら人は育ちます。

この、心と身体の「生きる力を養うこと」がヨガそのものなのですが、

身体のトレーニングには時間を使うことはありますが、心のトレーニングにどれほどの時間をかけているでしょうか?

身体は心と密接な関係がありますから、身体のトレーニングは心へももちろん影響するのが自然です。

しかし、心は体だけではなく、自分自身の社会的な力に大きな働きをするものです。

この心の作用を深く学び、理解しようとする姿勢は、人生を「健康に生きる」ことを自らが応援することになると思うのです。

心のエクセサイズをしよう

おうちヨガリトリートは、心のエクセサイズと身体のエクセサイズを両立するようにプログラムされています。

2週間毎にレクチャークラスが合同で開催され、2週間の間は指定されたプログラムを自宅でセルフプラクティスとして朝夕実践します。自宅プログラムなので、時間は自分で決めることができます。

1シーズンは8週(2ケ月)で終了します。

レクチャークラススケジュールと要点

1日目 9月3日金曜日 20:00~21:30 「大切なものに囲まれる方法」

 沖ヨガ起源である「断捨離」という心の持ち様を紐解きながら日常生活の中にある他物との穏やかな関係性の構築や執着心を手放すことを学びます。

2日目 9月17日 20:00~21:30 「自らの心に優しさの泉を掘る方法」

 ヨガ哲学における、「四心」を学びながら、他者との関係性を安らぎの多い時間とすることを自らに問いかけます。

3日目 10月1日 20:00~21:30 「自らの力を信じ、応援する方法」

 ヨガ哲学において、心の汚れをのぞき、純粋性が高まっていく過程を「焼く」という表現が用いられます。純粋な想いを持ち、その想いを大願として自らが応援する気持ちを養う学びを深めます。

4日目 10月15日 20:00~21:00 振り返り会

 2か月間のレクチャーおよびセルフプラクティスから自らの変化や感じたことを皆へシェアするとともに、2か月の学びの総括を行います。

おうちヨガリトリートの受講の流れ

●お申込み後、レクチャークラスへの参加URL(ZOOMアドレス)が届きます。

●朝・夕のセルフプラクティスはYouTube動画アドレス(非公開)がレクチャークラス後に送信されます。

●レクチャークラスの参加ができなかった場合には、録画をお送りいたします。

●期間中の質問は、ライングループまたは個別メッセージで適宜受付します。

お申込み

以下へご入力をお願いします。お申込み受付後お支払い手続きなどのご案内をお送りします。

おうちヨガリトリートへ参加を申込む

定員(人数制限)

最低開催人数 4名  定員10名とします。

対象となる方

基本的にどなたでも受講いただけますが、特にこんな皆様にお届けしたいと思っています。

●テレワークが続き、形式的な交流だけに時間が費やされ、温かい人同士の交流が少なく、日常に寂しさや疲れを感じる方。

●新しい生活習慣を身に着けたいけど長続きしない方。

●ヨガを学んでいるけど、家で何をしたらよいのかわからない方。

●アサナではないyogaを学び実践したい方。

●運動は十分やっているけど、気持ちが落ち着かないと感じている方。

●寝にくさや、起きにくさを感じている方。

●ヨガとは何か?に興味があり、日常での実践法に迷っている方。

【これまでの参加者の声】

食事についての話を聞き、毎日やめられなかったチョコレートをやめられるようになりました。その後、他の甘いものも欲しくなくなり、今まで知らずに摂っていた身体に良くないものなど食生活全般を見直すことになりました。今は気持ちや身体も楽になり、肌の調子もよくなって嬉しく思っています。 慈悲の瞑想の練習で、最初は難しかったけれど、続けていくことで苦手な人との関係性が少しずつ良くなってきました。おかげで仕事に行くのが楽になってきました。 周りの人との関わり方や、受けたくない影響の対処のしかたの話がいいなと思いました。 心の育成の話が印象的でした。 普段のヨガのレッスンでは、ヨガの講義とかあまりないので、とてもいい勉強になりました。

こんなにも自分の感情に寄り添ったことは初めてでした。それまでは喜怒哀楽に日々振り回され、これこそが生きている証拠だと思っていたからです。今は、学んだパンチャコーシャ、ヤマ、ニヤマなどがいい軸となり、日常で私を心地よい方向に引き戻しとどめてくれる助けになっています。生活での変化としてはストック癖も減り、セール品に飛び付かなくなりました。初めは苦労しヨガと辞めたいことの結びつきが分かりませんでしたが、今は「もう足りている」という自然な感覚です。色々な自由が手に入る時代によりよく生きる選択をする楽しさ、心地よさを感じることもあります。
私にとって変化のきっかけはパンチャコーシャ理論を教わった瞬間でした。外側に気を取られている自分に衝撃的に気付きました。日々のプラクティスも後押しで効いていると振り返って実感しています。
恵まれた環境で学びの多い時を過ごすことができました。ありがとうございました(pink flower)私の知らない私に出会えてとてもおもしろかったです。大好きな春の力を借りて、これからも学びを続けてみようと思います

甘えが出てしまい、苦手な思いが強かった朝晩のプラクティスも、先生と仲間の皆様とのつながりのおかげで本当に心強く、今日もがんばろうという支えになっており、
あたたかなLINEにすっごくすっごく感謝です。 わたし自身は、チョコレートや小麦を控える生活を続けることで、身体の変化(アナマヤコーシャ)にも気づくことができ、食べ物の大切さを痛感できました。
口にするものを変化させることで体調が良く感じ、その結果心も健やかと感じる日々です。
自分で実践していいと思ったことは今後も長く続けられそうでうれしいです。
ステキな学びをありがとうございました!

毎回のレクチャーで、気づきがありました。
日常のなにげないところに何気ないことに、喜びがあることに気づき、今日も認知症の母がフィギュアスケートが好きで一緒にテレビを見ていた時、幸せだなあと感じました。
今日のレクチャーで数珠先生が言われてメモした自分も神と思って過ごせ。神としてどう取り組むのか。の部分を読み返していて、はっとしたことがあります。どんな事柄も楽しいと思って取り組む。ってこと?明日から、いえもう今日ですね。今日からやってみようと思います。
レクチャーで学ぶたびに変化するきっかけをいただきました。
ありがとうございました

仕事でイライラすることが少なくなった気がしますが、きっかけは分かりません
今日のみなさんの振り返りを聞いていて、私は自分の心や体の声に気づくのが苦手なんだな〜と思いました。
仕事で効率を追求したり、無駄=悪みたいな考え方をすることが多く、また、感じすぎるとしんどくなることが分かるので無意識に感情をコントロールしていることもあると思います。
なので、想起瞑想や逆想い瞑想でもあまり強い印象を受けることがなかったです。
今回のヨガリトリートを受けたことがきっかけに、もう少し自分の心と体に向き合う訓練をしていきたいと思います

おうちヨガリトリートへ参加を申込む

インストラクター

珠数孝 生活ヨガ研究所代表

働く力を応援することを目的としたヨガ教室(生活ヨガ研究所)を運営しディレクター兼インストラクターとして活動しています。身体障がいのある方々とのハンディキャップヨガや、トラウマに関するヨガインストラクションの講座などに力を注いでいます。アサナだけではなく、ヨガの恩恵がより多くの方へ届くことを考えています。 

ヨガアライアンスインディア(YAI500) マスターコース終了

全米ヨガアライアンス RYT-200終了

産業カウンセラー

森林インストラクター

Fumiko YOU yoga Aryus代表

生活ヨガ研究所で木曜朝のリラックスヨガを担当。インド中央政府認定ヨーガ講師。伝統的なヨーガ哲学、ヨーガセラピーや新しいヨーガの知識を柔軟に取り入れ、人生をよりその人らしく豊かに過ごせることを願い、誰もが幸せに生きるためにヨガで繋がることができればと活動しています。

ユーヨガアーユス
https://www.youyogaayus.com