1. TOP
  2. イベント・リトリート
  3. インドヨガの旅2020 参加者募集

インドヨガの旅2020 参加者募集

2020年2月にインドへヨガツアーに出発します

毎年恒例となりましたインドへのヨガツアーを2020年2月に開催します。

2020年2月15日土曜日(伊丹空港出発)~2月24日(伊丹空港帰着)

今年はどんな旅になりますやら。。

向かうは北インド・ヨガの聖地リシケシ

今や世界中、どこででもヨガの恩恵を享受でき、ネットワークを使えば日本にいながら、海外のヨガの先生から直接学ぶことも可能な時代です。

しかし、『場』からもたらされる言葉にならない体験は、その場所に行かないと知ることができません。

暑さ寒さも自分の体験だけが全て。

それと同じく、神聖な場を知っていることと、神聖な場へ赴いたことがあることとは全く違うと思っています。

机上の学びは確かに大事です

そしてヨガは自己プラクティスがとても大事です

特別なことよりも、毎日の生活の中での意識的な修練が大事です

それはそうなんです

しかし、ヨガが生まれたとされる場

ヨガが古くから受け継がれた町

そこにあるものを感じることで

日々のヨガへの姿勢や取り組み方が深く理解できることもあるのです。

だから私は毎年インドに向かいます。

インドでの過ごし方

2月は雨期も終わり季節は春から夏へむけて少しづつ気温が上がりだすころ。

朝晩は寒く、昼間は汗ばむほど。

年により変化はありますが、温かいと感じる時間は長いです。とても過ごしやすい。

今年は、初日に少しだけオールドデリーの観光をしてみます。大都会の中にある混沌を歩きましょう。

そして、聖地リシケシへは列車を使います。車窓からの景色を眺めながら、のんびりと哲学書を読むのもいいですね。

リシケシに到着すると、ヨガアシュラムへ入所します。

ここでは朝から夕方まで決められたカリキュラムがあります。

といっても、とても優しさと神聖さが同居し居心地は最高です。

この中にいる限り、全ての安全とヨガと食事が確保されています。

旅の後半はリシケシの街中にあるゲストハウスへ移動し、街住まいを楽しみます。

ガンジス川への沐浴もたっぷりできます。(冷たいですが)

ヨガクラスもたっぷり受けれます。

アーユルヴェーダのトリートメントも日本に比べたら破格の安さで受けられます。

お食事は、リシケシの街中基本べジタリアン食でとてもおいしく、お肉はほしくなくなります。お酒もありません、、、

ここに来るだけで内側からの変化が感じられます。

リシケシ周辺には

・賢者の洞窟

・山頂寺院でのご来光

・ビートルズアシュラム

・毎日の火の儀式

など、ヨガ以外にも見どころが満載です。

2015年のツアーの様子http://seikatuyoga.blog100.fc2.com/blog-entry-332.html

2017年のツアーの様子http://seikatuyoga.blog100.fc2.com/blog-entry-397.html

よくある質問

『お食事があうかどうか?体調を崩さないかどうか?』

インドの衛生環境はここ数年目覚ましく改善されています。レストランやヨガの施設にはほとんどが高性能の浄水器が設置されています。私はこうした浄水器からの水で体調を崩したことはありません。

あと街で購入するミネラルウォーターの情報です。http://www.achanavi.com/archives/3294

街のレストランでも、火を通したものを食する限り、これまで体調を崩したことはありません。

ただ、これまでのツアー参加者の方で数名が腹痛の症状になられたことは在りますが、2~3日で回復されています。

体調への影響で一番は昼間と夜の温度差や、レストランでの冷房の強さからくる温度差が上げられます。飛行機、レストラン、電車はかなり寒いことが多いです。そうした体調管理は必要です。

『お金は現地でどれくらい使いますか?』

ホテルやアシュラムでの食事は含まれています。

街に出て食べる場合には、地域にもよりますが、定食で500円あれば十分なボリュームのものが食べれます。

以下目安

定食(ターリーやミールス) 500円(高い方です)

ミネラルウォーター1リットル 50円

ヨガクラスドロップイン   500円~1000円

チャイ            30円

リキシャ          距離によるけど リシケシ内で1乗車20円ほど

『ヨガ初心者でもついていけますか?』

日本でも同じことなのですが、インストラクターが一人ひとりにしっかりとケアができるクラスではヨガの難易度についての経験は不問です。

ただ、どのクラスにもお祈り(マントラ)がほぼ必ず行われます。こうした宗教的な部部に理解が必要です。

お食事は基本的にベジタブルです。アルコールもタバコも施設内では認められません。

こうした、ヨガへの取り組み姿勢は求められますが、特にヨガの経験が必要であるとは言えません。

『英語が話せませんが、困りませんか?』

ツアー中は日本語堪能のガイドが付きますから、言葉で困ることはないと思います。

ただ、ヨガのクラスなどはほぼ英語で進みますので、多少の困惑はあると思います。それでも数クラス受けていくうちに慣れてきます。

これまでの経験上、簡単な数字とYES/NOをはっきり言えればそれほど困ることは在りません。

インドの方々も、イギリスやアメリカ人と違い、英語はそれほど流暢ではないのでお互い聞き取りやすい会話になると思います。

申込みはお早めに

2月はインドがハイシーズンとなります。

今回は日本の飛行機(全日空)で向かいます。手配がおくれると飛行機の座席確保が難しくなりますので、以下、キャンセル規約をお確かめいただき、お早めにお申込み下さい。

現在の料金設定での座席が無くなった場合には、若干の費用変動があります。都度、お問合せ下さい。

キャンセル規約

出発31日前までは手数料ゼロです。(ご入金後でしたら、振込手数料のみ差し引かせていただきます。

出発30~22日前まで手数料20000円

出発21~3日前まで手数料30000円

出発2~前日まで手数料 ツアー料金50%

当日 ツアー料金 100%

最低催行人数あり

今年は最低催行人数は5名となります。

ご友人お誘いあわせの上、お申込み下さい。

安全で心豊かなインド旅をご一緒しましょう。

(ツアー期間の延長や、他の地域へのツアー希望あれば随時相談下さい)

インドヨガツアーのお申し込み

 

お客様情報をご入力ください

 

お問い合わせ・ご要望

 

申し込みを完了する