1. TOP
  2. Q&A

Q&A

よくあるお問い合わせをまとめています。
ご不明な点がある方はまずこちらをご確認ください。

  1. Q男性・女性の比率を教えてください。
    A日によって異なりますが、「みんなのヨガ」朝のタイム(10:00~)は女性:男性=8:2、夕方のタイム(17:30~、18:30~)は女性:男性=5:5程度です。
  2. Qレッスンは何名くらい参加していますか?
    A日によって異なりますが、5~15名程度です。
  3. Q予約は必ず必要ですか?
    A初回は、なるべく予約をお願いします。初回以外は予約なしでも参加していただけます。予約を頂いた方には、レッスンの急な休講(台風や講師の体調不良など)のときにご連絡いたします。
  4. Qレッスンの予約をしたのですが、急な予定が入ってしまいました。キャンセル料は必要でしょうか。
    A必要ありません。
  5. Qパソコンのメールフォームで予約をしましたが、返信がありません。申し込み出来ているのかどうか不安です。
    A申し訳ございません。24時間以内に返信をさせていただいているのですが、時間を過ぎても連絡がない場合には、①迷惑メールの設定で届かない、②申し込み時に入力したメールアドレスが間違えている、③申し込みができていない、のいずれかが考えられます。お手数ですが、迷惑メールの設定のご確認・申し込みのアドレスの確認ください。どうしても上手く申し込みが出来ない場合は、予約なしでも構いませんので、参加希望日に直接お越しください。
  6. Q腰痛があります。参加できるでしょうか。
    A腰痛に限らず、多少の痛みでしたら、ヨガを行っているうちに楽になることも多いです。ぜひお越しください。しかし、ヘルニアなどの場合は、一度かかりつけの医師とご相談の上、お越しください。また、来られた際に腰痛がある旨をお申し出ください。
  7. Q生理中でもヨガはできますか。
    Aはい、可能です。ただし、逆立ちなどおなかが逆さをむくような逆転のポーズを長時間行うことは避けたほうがよいです。
  8. Q開始時間に間に合いそうにありません。遅刻してもよいのでしょうか。
    Aかまいません。レッスンでは最初のうちに体をほぐし、徐々に不可の大きなポーズを行います。このため、遅刻してレッスンに加わる場合は、しばらく手首・足首を回すなどの柔軟体操を行ってから、他の参加者のみなさんと同じレッスン内容に入っていってください。
  9. Q身体が固いので、ついていけるか心配です。
    Aレッスンでは、難易度の違うさまざまなポーズを行います。最初はできなくて当たり前、というお気持ちでご参加ください。
  10. Q障害があります。参加できるでしょうか。
    Aできれば参加していただきたいと思います。しかし、こちらの設備や体制は残念ながら万全ではありませんので、かえってご負担をかけてしまうかもしれません。現在の状況などをお聞かせください。相談しながら、どのようにすれば一緒にヨガを楽しめるのかを考えていきましょう。
  11. Q週に何日、あるいは月に何日参加すれば効果があるのでしょうか。また、どのくらいつづけたらよいのでしょうか。
    Aヨガは、治病、柔軟性、美容のためにあるのではありません。このため、○○日で○○の効果がある、とは言えません。しかし、月2日よりも、週1日のほうが、週1日よりも週2日のほうが、ヨガによる身体・心の変化を感じられるといわれます。また、続ける期間も特に決まったものはありません。ヨガを続けて3カ月で身体の変化を感じ。1年で心の変化を感じると言われます。折角ですので、1年をまず目標にしてみてはいかがでしょうか。
  12. Qヨガを行って気分が悪くなりました。あってないのでしょうか。
    Aヨガがきっかけで、さまざまな不調と出会うことがあります。気分が悪くなるのもその一つです。頭痛になったり風邪をひいたり身体のどこかが痛みだすということもあります。ヨガでは、これは身体からの大切なサインだと見ています。普段、胃腸に負担をかける生活をしていないか、チェックしてみましょう。生活を整えヨガを続けるうちに、平気になっていきます。